自宅サウナを導入する前に知っておきたい自宅サウナの価格相場と
使用後のお手入れ方法

家庭用サウナイメージ

自宅用サウナの導入にかかる費用相場は、サウナのタイプやサイズによって異なります。維持費も電気ストーブか薪ストーブによって差があり、電気ストーブの場合、電気代は毎月2,500円程度が目安です。

自宅用サウナを導入する際の価格相場・維持費・お手入れ方法の管理について

家庭用サウナイメージ

自宅にサウナの導入を検討するにあたり、気になるポイントの一つは費用についてではないでしょうか。

こちらでは、自宅用サウナの価格相場や購入後の維持費、管理方法について詳しく解説します。

自宅用サウナを導入する際の費用相場

自宅用サウナは製品や設置する場所によって、導入する際にサウナの本体以外に費用がかかることもあります。導入する際にかかる主な費用は「サウナ本体」「導入にかかる工事」「電気工事」などです。

自宅用サウナ本体
自宅用サウナは種類やサイズが豊富ですので、価格相場の幅も広くなります。
例えば、テントサウナなら1人~2人用で数万~10万円程度、3人~6人用で10万~20万円程度で、高くても30万円ほどで導入可能です。
自宅用サウナなら性能や設備、サイズにもよりますが、80万~200万円程度を目安にするとよいでしょう。
導入にかかる工事費用
自宅サウナには「埋め込みタイプ」と「据え置きタイプ」があります。
埋め込みタイプより、置くだけの据え置きタイプのほうが費用を抑えられますので経済的です。
「埋め込みタイプ」は内装工事が必要となり、設置のために余分な費用がかかります。工事費用が本体価格に含まれている場合もありますが、室内をリフォームしてサウナを設置する場合は、見積もりを取らないと正確な金額はわからないことも少なくありません。
電気工事費用
家庭用サウナの場合、200Vのコンセントを使用するのが一般的です。200Vのコンセントがない場合は電気工事が必要です。電気工事にかかる費用は配線状況によっても異なりますが、簡単な工事で12,000円~、複雑な工事になると50,000円以上かかる場合もあります。

自宅用サウナにかかる維持費

自宅用サウナを維持するために必要となる費用は、サウナを高温に保つための「燃料費」で、費用相場は約2,500円/月です。

ただし、燃料費はサウナストーブの種類によって異なります。主な種類として電気ストーブ・薪ストーブ・遠赤外線ストーブがあり、電気ストーブか遠赤外線ストーブであれば、維持費は安く抑えることが可能です。電気ストーブの燃料費である電気代は1時間あたり約50~70円ですので、毎日1時間使用しても1ヶ月にかかる費用は1,500~2,100円とかなりリーズナブルです。

自宅用サウナのお手入れ方法

最後に、自宅サウナの管理方法についてご紹介します。自宅サウナも経年劣化しますので、こまめなお手入れが大切です。お手入れといっても、カビの発生を防ぐために使用後に水分や汗を拭き取り、余熱で乾燥させるだけで構いません。「ミストサウナ」や「スチームサウナ」といった湿式サウナは、カビが発生しやすいので入念に水分を拭き取るようにしましょう。

汚れが目立ってきたら、中性洗剤を少量含ませたスポンジで優しく磨いてください。強く擦ると傷や変色の原因になりますので気をつけましょう。
なお、お手入れ方法は製品によって異なりますので、説明書をよく確認してください。

自宅用サウナの設置をお考えなら高品質・高性能なMy Sauna

家庭用サウナイメージ

自宅用サウナを導入する際にかかる費用は、サウナの本体価格だけではありません。設置するための電気工事や内装工事、維持費を踏まえて導入計画を立てるのがポイントです。一般的な電気ストーブのサウナであれば、維持費は毎月数千円程度で済みます。お手入れも使用後に水気を拭き取り乾燥させるだけなので、管理もそれほど難しくありません。

My Saunaが販売する自宅用サウナは、海外からの輸入品ではなく、国産木材を使って国内で製造した高品質・高性能な製品です。地域によって多少変動はありますが、ランニングコストは1時間で数十円程度と大変経済的です。アフターメンテナンスが充実していますので、万が一故障した場合も安心してご依頼いただけます。高品質な自宅用サウナをお探しの方、自宅用サウナの詳しい費用を知りたい方は、お気軽にお問い合わせください。

各種お問い合わせ